四十肩と五十肩!!!なにが違うの?

五十肩は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患の総称。四十肩とも。

①肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、

②患者の年齢が40歳以降である、

という条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。

つまり一緒!!!

最初は五十肩と言っていたものが低年齢化に伴って俗称も変わったということ。

肩の靭帯のイラスト

 

早速ですが、思い当たる人は以下のチェック項目を確認してみてください。

①肩の関節付近に鈍痛がおこる。

②急に腕を動かすと激痛が走る。

③腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こる。

④洗髪、髪をとかす、歯磨き、炊事、洗濯物を干す、、洋服を着る、夜中に目が覚める等日常生活に支障が出る。

1つでも当てはまれば当院に相談ください。

 

以下の可能性があります。

①上腕二頭筋腱炎

上腕骨の結節間溝を通る時に摩擦が起き、腕を上げたりする動作の繰り返しで症状が出る。

上腕前面から肘関節まで痛みが出る。

特徴

□夜中に痛む

□運動制限はない

□運動や、重いものを繰り返し持つような動作を行う

□腕の全面を押すと痛い

②肩峰下滑液包炎

肩峰と上腕骨の間にある滑液包の炎症。

特徴

□60歳代

□夜中痛い

□動きはするが引っかかりがある

③石灰化腱炎

棘上筋は弱い筋肉で、肩を使っているうちに腱の微妙な変化が生じて石灰がたまる。

石灰化した腱が、肩峰下滑液包の中に入り炎症を起こした状態

特徴

□眠れないくらい痛く、運動制限がある

□40歳から60歳

□腫れる

④腱板損傷

腱板(ローテーターカフ)・・・棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の損傷

あの鉄人野球選手もこれで引退に!!!?

特徴

□事故、ケガ

□押さえると痛い

□手をあげてゆっくり降ろせない

⑤インピンジメント症候群

肩を上げていくときに、ある角度で痛みや引っかかりを感じ、それ以上に挙上出来なくなる総称

特徴

□こわばり、筋力低下

□夜中痛い

□前で手を上げ、下ろしてくるとき、ほぼ60~120度の間で特に強い痛みを感じやすい。

 

病院で治療の方、なかなか治りが遅い方、当院に一回ご相談を(*^_^*)

親指を立てた両手のマッサージのマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です